平和資料館を開いた想い

2月24日。ロシアがウクライナに侵攻。戦争が始まってしまった。(以前から戦争状態ではあったが。)

「平和を守るための戦争」だと言っている。意味が分からない。そんなキレイごとの戦争なんてあるものか!
「~のための戦争」と、どんな戦争も必ず、破壊、殺戮行為を正当化する言葉が入る。
許される戦争なんかあるものか!
亡くなる人、けがをする人、悲しむ人・・・。
平和とは言い難い光景が目に浮かび、怒りで涙が溢れてくる。

ここ、北九州平和資料館は、今年の夏に閉館することになった。


このような世界情勢。
増大する自国日本の「防衛費」という名の「軍事費」ーーー。


「資料館を残さなければ」という強い思いに駆られる。

ホームページをやっとの思いで立ち上げた頃のブログを再掲載させていただきます。

平和を守り、つなぐためには、何が必要なのか。改めて考えるために。



(以下昨年5月の投稿より)
平和資料館3階の展示室入口に、開館の想いが書かれています。

戦争で悲惨な体験をされた方々は、戦争に通ずる一切を拒否した「日本国憲法第9条」をとても大切に思っていたようです。

「多くの兵士が餓死したトラック島で、自分も参加させられた経験を話し、『死ぬまで反戦の句を作っていきたい。憲法9条を守るために』と、目を潤ませ・・・」

自分の目の前で、

食べる物がなくて死んでいく…  

 

爆弾で、腕が、足が、バラバラになって死んでいく…

想像しただけで身の毛がよだちます。が、体験した方たちは、その場にいたわけです。逃げたくても、逃げることはできない…

すさまじい体験であったと思います。自分の生き方をつくるとてつもなく大きな出来事であったことだと思います。

「戦争中だったから」では、済まされない…

だから、戦争を体験した方々は、憲法9条を大切にしてほしいと訴えているのです。自分の人生をかけて訴えているのです。

私たちは、平和な世の中を生きさせてもらっていることに感謝し、先人の思いを受け継いで、「憲法9条」を守っていかなくてはいけないと思います。

戦争体験者の減少と同時に、憲法9条を変えようとする動きが強くなっています。「平和に対する思いが弱くなっている」現れだと思います。

今だからこそ、国民一人一人が戦争について「知り」、その時の様子や人々の気持ちを「想像し」、自分はどうすべきかを「考え」なければならないのではないでしょうか。

武器がなければ、あんなに大量の死者は出ることはないでしょう。

ただの理想でしょうか。

「武力」や「脅し」で問題を解決する以外に、豊かな知恵を人間はもっていると思うのですが。
(以上昨年5月のブログより)

想像力、感じる心を生かした知恵とコミュニケーション力を使って平和で豊かな社会を築くのが人間であると思います。

少なくとも自分は、そんな人間として生きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

もしも自分が・・・

次の記事

戦争を体験した子ども達