勇者たちの戦場

戦地も祖国も地獄だった。
アメリカと戦場の真実を描いた問題作!

イラク戦争の現実を描いた作品

アメリカ占領下のイラク。

しかし反米勢力の活動は激化し、テロ行為も多発。米兵たちはその地に長期駐留を強いられていた。

そんな祖国アメリカへの帰国を夢見ていた彼ら部隊に、最後の任務が下された。

ワシントン州スポーケン出身の兵士、ウィル・マーシュ軍医、トミー・イェーツ一等兵、ジャマール・アイケン、ヴァネッサ・プライス軍曹たちは、救援物資の輸送に向かった。

しかし、ある町で武装勢力の待ち伏せを受けた。

地獄と化する戦場。

壮絶な戦闘の中、次々と仲間が命を落としていった。

やがて生きのびた彼らは祖国アメリカへ帰還したが、そこでも別の「戦場」が待っていた。

イラクでの地獄の戦場~アメリカへの帰還。彼らの運命から、衝撃の真実が映し出されていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

『渚にて』