『DANCE with WOLVES ダンスウィズウルブス』

雄大なフロンティアに刻まれた、一大叙事詩ーーーー。
ケビン・コスナー監督・主演 心を震わせる魂の物語。

アメリカインディアンとの友情

1864年、アメリカ西部がまだ‟無垢の土地”だった時代。

ひょんなことから南北戦争の英雄となったダンバー中尉(ケビン・コスナー)は、消えゆくフロンティアを見ようと当時の最西部を任地として選ぶ。

インディアンとの友情、バッファロー狩り、そして真実の愛。いまや彼は‟狼と踊る男”という一人のインディアンとなっていた。

しかし、時をしてインディアンたちの神聖な土地には、確実に合衆国の軍隊が迫っているのだった・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

『花は散れども』

次の記事

『WAR HORSE』