『出口のない海』

戦況混迷極める中、海軍が最後の望みを託した秘密作戦・・・
海の特攻兵器‟回天”の投入ーーー二度と帰れない作戦に、なぜ若者たちは志願したのか

海の特攻兵器回天をテーマにした映画

1945年、一隻の潜水艦が、敵艦の攻撃を避けながら海中を進んでいく。

爆雷に激しく揺れる艦内には、極秘任務を帯びた並木(市川海老蔵)、北(伊勢谷友介)ら4人の若者がいた。

最後の秘密兵器‟回天”ーーー定員1名、脱出装置なし!

大量の爆薬を積んだ回天に乗り込み、敵艦に激突するのが彼らの任務だった・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

『戦争をしない国日本』

次の記事

『月光の夏』