『おかあさんの木』

戦場へ向かった7人の子供たちーーー
おかあさんは、「おかえり」と言えたのでしょうか。
子供たちは、「ただいま」と言えたのでしょうか。
あたりまえの日々が、宝物になるーーー

7人の子供たちを戦地に送ったお母さん

長野の小さな田舎の村。

ミツ(鈴木京香)は、想いを寄せていた謙次郎(平岳大)と結婚。裕福とはいえない生活だったが、7人の息子に恵まれ、幸せな日々を送っていた。

ところが謙次郎が心臓発作で急逝。呆然とするミツを支えたのは息子たちだった。

それから数年。逞しく成長した息子たちを、今度は‟戦争”が奪ってゆく。

ミツはそのたびに桐の木を植え、大事に育てながら息子たちが無事に帰ってくるのを待っていた…。

 

※原作は大川悦生著「おかあさんの木」。小学校でも平和教育教材として、以前から活用されてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

『月光の夏』

次の記事

『一枚のハガキ』