『渚にて』

戦火の時代、ただまっすぐに生きた愛と人生があった。

第二次世界大戦中の人々の人生を描いた作品

第二次世界大戦下のギリシャ・ケファロニア島。イタリア軍大尉アントニオ・コレリ(N.ケイジ)は、占領軍としてこの島にやってくる。

人生と音楽を愛するコレリと部下たちに戦争の陰りはなく、彼らの誠実な陽気さに、敵意を抱いていた島の人々も次第に心を開いてゆく。

そしてコレリと、情熱的で聡明な島の娘ペラギア(P.クルス)との運命的な出逢い・・・。

しかし時代は、無情にもこの国境を越えた愛と友情を引き裂き、彼らの人生を狂わせて行くのだった・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

『WAR HORSE』

次の記事

勇者たちの戦場