『月光の夏』

ピアノが哭いている、日本中が泣いている。
どうしてももう一度ピアノが弾きたい
名曲「月光」を弾きこなした後、大空に飛び立っていった特攻隊員。そのピアノは今も残っていた…。

ピアノを弾いて飛び立った特攻隊員の話

初夏のある日、ふたりの特攻隊員が訪れた。‟明日にせまった出撃を前に、ピアノを弾きたい”と、駆けてきたという。ともに学徒出身の音楽を愛する若者だった。音楽学校出身の隊員(永野典勝)は、ベートーベンのピアノ・ソナタ「月光」を弾いた。

もうひとりの師範学校出身の隊員(田中実)は子ども達の歌う「海ゆかば」を伴奏した。そして満足そうに基地へ帰っていった。それから2カ月、戦争は終わったが、ふたりは帰ってこなかった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

『出口のない海』

次の記事

『おかあさんの木』