『鶴彬(つるあきら) こころの軌跡~平和のために生きぬいた詩人の魂』

戦争へと向かう激流に立ちふさがる、若き詩人の魂
名匠 神山征二郎監督が万感の想いをこめて放つ、清冽な映像詩

川柳で反戦を表した人鶴

昭和初期、日本が中国への侵略戦争に突入していく暗黒の時代に、「川柳」の革新と芸術的向上を目指し、その「川柳」を武器に、反戦・反権力を貫いた一人の若者がいた。

鶴彬、本名 喜多一二(きたかつじ)。1909年(明治42年)1月1日、川県河北郡高松町(現在はかほく市)に生まれ、15歳の頃から川柳を作りはじめる。

軍隊内での反戦活動で逮捕され、服役した2年間を除き、1937年(昭和12年)12月、治安維持法違反で逮捕され、留置所で赤痢にかかり、翌年9月14日、29歳で亡くなるまでの短い間に1000をこえる句と90余の評論、自由詩などを残した。

生誕100年を迎えた今、名匠・神山征二郎監督の手で蘇った鶴彬が、その作品と、生き様をとおして、現代に鮮烈なメッセージを届ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

『戦争をしない国日本』