七三一部隊の記録

満州第七三一部隊。満州にあった細菌兵器の開発を行っていた日本軍の秘密部隊。関東軍防疫給水部が正式名称。
・生きた人間を実験の材料として使ったこと。
・国際条約で使用が禁止されていた細菌兵器の開発を行っていたこと。
この2点において、「秘密」であった。
部隊を率いていた軍医石井四郎は、「防衛目的の研究はできる」として開発を進めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

世界地図

次の記事

「満州帝国」旗