紙芝居風かんたんな日本の歴史

★人類の歴史の視点から、戦争が起きる要因を考え、豊かな未来のために大切なことは何かを考えることができる

大昔の日本から、日本社会がどのように変化発展していったのかを「戦い」を中心に、紙芝居風にふり返ってみました。まだ、歴史の勉強をしていない子ども達にも、過去を学び未来へ生かすという視点で戦争や平和について考えてもらえるようにと願っています。
社会の大きな転換期となる江戸時代の終わり(明治時代の始め)までを取り上げています。

6年生の社会科の学習で使ってみました。江戸時代までの振り返りとして。
歴史に苦手意識のある子ども達も、紙芝居を見るように、集中して聞いていました。
学習で使った後は、掲示していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

小学生の生活の様子