このコーナーでは、8月2日(月)~7日(土)に開催予定の特別展『子ども達が伝えたかった戦争』で展示予定の戦争遺品の紹介をします。

兵士庶民の戦争資料館』からお借りする予定の物を27年前の小学6年生の書いた説明書とともに紹介します。

特別展に足を運ばれる前に、どうぞご一読ください😊

追悼録(ついとうろく)

亡くなった戦友のために作った追悼録

千人針(せんにんばり)のチョッキ ※写真展示になります

無事を祈って作った千人針のチョッキ
無事に帰ってきてほしいという願いを込めて作った千人針のチョッキ

よせ書き旗

よせ書き旗(穴あき)

義眼(ぎがん)※写真展示になります

目を負傷した兵に天皇の名で贈られたガラスの義眼
義眼について子どもが書いた説明

赤紙(あかがみ)

軍隊手帳(ぐんたいてちょう)

鉄かぶと

水筒 ※弾の通った跡のあるものになります

脚絆(きゃはん)

二段重ねの飯盒(はんごう)  ※写真展示になります

飛行機の写真

毛皮のコート

軍票(ぐんぴょう)

慰問文集(いもんぶんしゅう)

ノート

ふでばこ ※写真展示になります

少年倶楽部(しょうねんくらぶ)

電気の覆い ※写真展示になります