資料館を支えるスタッフ

平和資料館には、「館長」はいません。「管理人」がいます。

管理人のリーダーが、「小野さん」です。

説明する小野さん
スタッフ
小野さん

小野さんは、戦時体験者で、平和資料館立ち上げスタッフの一人です。

博識で、特に戦争の時代のことに関して、多くのことをご存知です。

一つの戦争遺品についての小野さんの説明から、その時代の様子や考え方、生きていた人々が見えてきます。

よく分からない記録資料も、その資料の内容や、意味することを知ることができます。

もっともっと、話が聞きたいと思います。

私は、小野さんのことを「館長さん」と思っているのですが、

「館長はいない。管理人だ。」

と言います。そこには、「人間に差をつけたくない」という小野さんの信念があるのかなぁ。と思います。

私は「管理人」という呼び方に、兵隊が「階級」で縛られ、対等に意見が言えなかったことを思い出します。

小野さん達「北九州平和資料館をつくる会」のメンバーが作った本を紹介します。

北九州の戦跡を紹介する本

北九州市に残る戦争遺跡について、詳しく解説された本です。

資料館で購入できます。1200円です。

資料館を支えるスタッフ” に対して2件のコメントがあります。

  1. 俊正和寛(トシマサカズヒロ) より:

     俊正和寛と申します。父が第十八師団工兵12連隊工兵隊員として、日中戦争に駆り出されたのは85年前のことでした。父の従軍日記が発見されたため、当時の日本軍侵略の状況調査の必要から、浙江省杭州市に5年間滞在した経験があります。
     3年前、旧日本軍慰安所調査で浙江省に出かけ、浙江省博物館で貴重な資料(書籍)を頂きました。分厚い物ですが写真も豊富ですから、きっと役立つものと確信します。小野逸郎さんと同世代で面識もあります。
     去る4月28日付のしんぶん赤旗紙で「平和のまちミュージアム」の開館を知りました。小野さんの長年のご努力がやっと実ったことを知り、何より嬉しく思います。上記の書籍を寄贈したく思っていますが如何ですか。ご返事を頂けると嬉しいです。

    1. TICo より:

      俊正様
      おはようございます。ご連絡ありがとうございます。
      北九州平和資料館で小野の手伝いをしていた小松と申します。
      閉館でバタバタしていて、返信が遅くなり、申し訳ありません。

      お父様、俊正正利さんでしょうか。資料館でお名前を拝見したような・・・

      小野の方に、メールを転送させていただきます。
      お返事、しばらくお待ちください。
      小松 芳子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA