憲兵の軍服と腕章

憲兵の腕章

憲兵(けんぺい)は陸軍のみにあって、他の兵科(へいか)からの志願制(しがんせい)であった。軍隊内の警察的任務を持つ組織で、軍紀(ぐんき)維持、風紀(ふうき)取締(とりしま)り機関であり、軍隊がある所には必ず存在した。
また、憲兵は軍機(ぐんき)(みつ)保護(ほご)や情報取集活動も重要な任務であり、一般人の人心・行動にも絶えず目を光らせていた。国民には「(おに)より怖い」存在であった。日中戦争下でのスパイ・防諜(ぼうちょう)活動で(とら)えた中国人や英国民間人への拷問(ごうもん)銃殺(じゅうさつ)あるいは惨殺(ざんさつ)は、戦後戦犯(せんぱん)として追及を受けた。1,000名に及ぶBC(ビーシー)(きゅう)戦犯(せんぱん)の内3割は憲兵であったという。

現在の自衛隊による情報収拾任務は、自衛隊情報保全隊が()っている。2007年「しんぶん赤旗」がこの隊が市民活動にも秘密(ひみつ)()監視(かんし)・情報収拾していたことを報じ、国会でも大問題になった。
今、安全保障上重要な施設周辺の土地利用を規制する「土地利用規制法案」が、国会で審議されようとしているが、住民の全ての個人情報を調査する権限が、自衛隊情報保全隊にも与えられる危険性は十分に考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

陶器でできた手榴弾

次の記事

ポスター