焼夷弾(しょういだん)

★戦争の恐ろしさを感じることができる

●左:油脂焼夷弾(直径8㎝ 長さ50㎝) 右:テルミット焼夷弾(直径4.7cm 長さ36cm)
●木で作られた日本の家を効率よく焼きはらうために開発された爆弾
●48個の焼夷弾を束ねた親子爆弾(図)を、アメリカのB29と呼ばれた爆撃機に一機80発ずつ積んでいた
●親子爆弾が割れる時に、垂直に落ちるための細長い布に点火されることによって、「火の雨」になった
●逃げまどう人に突きささり、燃え上がるということも多く発生した

焼夷弾の構造

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

戦争中の教科書(国民学校)

次の記事

電灯のおおい