戦争中の教科書(国民学校)

戦争中の教科書

太平洋戦争開戦の1941(昭和16)年、尋常小学校は国民学校に変わった。尋常小学校の「児童身体の発達に留意して(略)教育の基礎と生活に必須なる普通の知識技能を授けるを本旨とする」が、国民学校では「皇道(こうどう)則り(のっと   )て初等普通教育を(ほどこ)」になった。国史は架空の神武天皇から始まる天皇を主体とした歴史。修身•ヨイコドモ、国語•ヨミカタ、音楽などの教科書の内容は、大半が天皇への忠節、忠勇(ちゅうゆう)無双(むそう)の軍人・将兵(しょうへい)への憧れ(あこが  )培う(つちか  )ものであった。子どもたちの心に天皇への忠節(ちゅうせつ)滅私奉(めっしほう)(こく)の愛国心を(もと)に戦争讃歌(さんか)()り込まれ、男子は軍人・兵士、女子は看護婦(現在は看護師)を夢見る子どもが育っていった。


()

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


青年学校手帳

次の記事

青年学校手帳