心で感じる

昨日(11月27日)、小学3年生(Aさん)、年長さんの子連れの若い夫婦が来館。

手作りのクイズ付きのパンフレットを子どもさんに渡すと、熱心に説きながら展示物を見てくれました。

「まだ3年生だから、ちょっと難しいかな。」と、初めは少し説明しながら回っていたのですが、Aさんは、「自分一人で解きたい!」という様子です。そっと離れて見ることにしました。


クイズの6問目は、特攻隊員のことを取りげています。

特別攻撃隊(特攻隊)員は、どんなことを考えていたのかな?」。

たいていの人は、この問題に答えません。

いえ。おそらく心の中で考えているのでしょう。

でも、考えたことを表すことが面倒だからか、あるいは、気恥ずかしいからか、書くことはないです・・・


ましてや小学3年生。「特攻隊」の存在すら分からないのでは?

特攻隊員外山雄二さんの手紙の前で、目を落とすAさん。しばらくじっとしています。
私は、「難しいだろうなぁ?ふりがなくらいつけておけばよかった・・・」と思いながら見ていました。

クイズを解き終えた様子のAさん。「がんばったね!答え合わせしようか。」と声をかけ、いっしょに答え合わせをしました。

6問目。ーーー書いてありました。(写真を撮らせてもらえばよかった・・・)

外山さんのみんなのために戦う気持ちと、残った家族を思う気持ちが書かれてありました。

驚きと同時に、感動でいっぱいになりました。

小学3年生のAさんは、感じながら見ていたんだと思います。

「まだ小さいから」ではなく、「まだ小さいけど」できることがある。
いえ。
「まだ小さいから」こそ、純粋に感じ、考えることができるのだと改めて思いました。
そして、子ども達の気付きや考え、態度にこそ、平和のために大事にすべきことがあるということも・・・



「子ども達に知ってほしい」と、休みの日に、幼い子ども達を連れて資料館に来られたお父さんお母さん。未来に希望を感じる日でした。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA