もしも自分が・・・

昨日の『報道特集』(TBSテレビ)を見ながら、怒りでいっぱいになった。

ブラジル、アマゾンでの金の違法採掘。使用されている水銀が河川に流れ込み、魚が水銀で汚染され、それを食べた住民が病気になっているという。

テレビで映し出された映像は、水俣で苦しんだ人達と同じ姿。
検査した人全員の頭髪から、水銀が検出。

「今すぐに川でとった魚を食べるのをやめて!!」

思わずテレビの前で叫んでいた。

住民は、
「他に食べる物がないから、食べるしかないのです。」
と言っている。

涙が溢れてくる。
無力感に襲われる。



住民が、民主的な手段で声を上げても届かない。

世界中で起きている。

日本も同じ。

沖縄の辺野古基地建設しかり。
軍事化が進められている南西諸島の島々しかり。
原子力発電しかり。・・・


住民が犠牲になる。
住民が我慢を強いられる。

数えきれない多くの犠牲の下にできた
民主主義
が、奪われている。

こんなことを続けていたら、

「抵抗しても無駄だ。」
「自分さえ、今さえよければいい。」

そんな自暴自棄な国民が増えていくのではないだろうか。・・・



抗わなければ。

自分に出来ることは、多くの人を思い「自分だったら」と考え、行動すること。



「自分がそうなったら絶対やめさせるやろ!」

多くの為政者を思いながら叫んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

寄せ書き日の丸旗

次の記事

平和資料館を開いた想い