軍事は自然環境を破壊する

辺野古の海底にボンドで付けられた珊瑚

沖縄の米軍辺野古新基地建設のために、海底に、有毒性のあるボンドで、珊瑚を張り付けてているそうです。20%以下の生存率しかなかったという実験結果があるというのに…。

沖縄本当南北に伸びる南西諸島で、今、米軍と自衛隊の基地増強・一体化が進められています。一個郡470億円もかけて、地対空ミサイルを配備しているそうです。

地球上に住むたくさんの生き物たちが、人間のわがままな営みにより、苦しめられている姿が、私の頭の中でぐるぐる回ります。

武力では真の解決はない!

今、人間の広く豊かな心を結集して、目に見える富に眩むことなく、真の豊かさは何かを考え遠い未来広い地球のことを想いながら、知恵を出し合わなければならないと思います。

こんな社会のまま、子ども達に渡してはいけない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA