TICo(ティコ)の名前

「TICo」の名前の由来は?

私は子どものころ、「戦争=空襲と原爆、食べ物がない」そのくらいの知識しかなかったように思います。

大人になって、「ちゃんと知りたい。知らなければ。」と、思いました。

自分の子どもにも、出会った子どもたちにも、「ちゃんと事実を伝えたい。」と、思ってきました。

資料館のキャラクターを考え始めた時、この「北九州平和資料館」の目指す役割を、もう一度確認しました。

真実を伝える
●自分のことのように、当時のことを想像して
●どうすれば戦争を無くし、平和を築き守っていけるかを考える

北九州平和資料館が、「怖い場所」「絶望を知る場所」ではなくて、「希望ある未来をつくる力になる場所」であってほしい!

考えながら過ごすこと、数日。

資料館のイメージが、
「戦争」=「暗い」「怖い」⇒「行きたくない」  
に、ならないように、とっつきやすい名前はないかなぁ。と。

ある日の仕事中。これまた降ってきました!

「T I Co ティコだ!」

Truth(真実) Imagine (想像する) Consider(考える) ~TICo(ティコ)です!

謝罪兵
水兵のティコ

戦争を体験していない者として、戦争によって苦しめられた人のことをいつも心において、未来のために今自分がすべきと信じることをやっていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA