展示内容と兵士の妖精~TICo(ティコ)

この平和資料館に、「たくさんの人に来てほしい」という想いが強いです。特に、

「子ども達に来てほしい」「戦争のことを知らない人に来てほしい」

という想いが強いです。

戦争は、怖くて残酷。わざわざ子どもが知る必要がない。
今の時代に、戦争が起きるわけない。
なんか、難しくて、よく分からない。

こんな風に思っている人もいると思います。でも、戦争のこと(過去の歴史)を知ることは、未来をよりよく生きる力になると思うんです。(詳しくは追い追い・・・)

歴史とか興味ない! 難しい! 他にしたいことあるし! 分かっているけど、なかなか・・・。

私もそうでしたから、よく分かります。

そこで、この平和資料館を活用してほしいと思っています!

戦争がどのように始まったのか・どう進んだのか
●日本がどんなことをしたのか
●日本でどんなことが起きたか
●今の平和にどうつながっているか

が、分かるようになっています。

もちろん、

戦争のすべてを知ることは無理ですが、想像し、考える土台を学ぶことができる

ようになっています。(そうなるように、努力しているつもりです。)

多くの人が分かるようにと、小野さんと相談しながら、少しずつ展示を変えてきました。

心がけたことは、

わかりやすく
  言葉・フリガナ・絵や写真
考えることができるように
  歴史・言葉
想像できるように
  証言・絵や写真

分かりやすい説明を考えているうちに、子ども達に話しかけている自分がいることに気付きました。

キャラクターを考えてみよう!

キャラクターに語らせれば、言葉を作りやすいと思ったのです。

それからは、いつも頭の中で考えていました。

そしてついに、降ってきました!(笑)
車を運転していて、急に、頭に浮かんできたんです。

それが、ティコです。国のため、家族のためにと戦った兵士たち…

今も、海や山…どこか分からないけれど、人知れず眠っているたくさんの兵士を代表して、資料館に来てくれたのだと思っています。(つづく・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

TICo(ティコ)の名前